[491] 交番日誌(4)ちんぽ検査編 投稿者:ビッグサムソン 投稿日:2005/08/21(Sun) 22:32



交番日誌(4)ちんぽ検査編


 翌朝、交番に出勤してきた山下は、椅子に座るなり言った。
「村上っ、検査だっ」
儂は、山下の、儂に対する言葉が昨日までとまったく違うことに戸惑いながらも、山下の前に直立不動で立った。
「いいぞっ」
山下の言葉に(どうすればいいんだ?せんずりも射精もしてないことを検査するんだから、やっぱり、ちんぽをみせるんだろうな)
儂は、恥ずかしかったが、ズボンのジッパーを開け、ちんぽを取り出した。
 横の壁の鏡に、儂と山下の姿が映っている。警官の制服を着た58歳の、顔も体も貫禄十分の儂が、股間からちんぽを出して、若い山下に検査してもらおうとしている。
(あー情けない−−儂の肝っ玉が、もうちょっと大きかったら)

「短いが太さはなかなかのもんだな、雁もデカイし」
山下が、手に持った、30センチのプラスチックの物差で、儂のちんぽをピシャピシャ叩き、竿の部分を擦りあげた。儂はその刺激に、恥ずかしいが、感じてしまった。
さっきまで、だらんとしていたちんぽが、少し立ち上がってきていた。
「村上さん、感じてるんですか?」
儂は顔中真っ赤になった。
「こらっ、感じてんのかって聞いてんだよッ」
儂は、慌てて答えた。
「はい、すいません、感じてます」
「村上さんの体、面白いですね」
山下は、物差で儂のちんぽを擦ったり、叩いたりして、弄んだ。儂のちんぽはもう、完全に勃起していた。

「村上さん、可愛がってあげましょう、四つん這いになって、尻の穴を出して下さい」
山下が何を考えているのか、わからなかったが、儂はズボンを下ろし、四つん這いになって、裸の尻を山下に差し出した。
山下の指が、窮屈な尻の割れ目に入ってきた。指の先が尻の穴をこすった、その瞬間、ちんぽがピクッと反応した。指が中に入ってきた。生まれて初めての感触である。指が儂の尻の穴の中を探索していく。指が穴の奥を探索していた時だ。
腰の中にある、ちんぽと金玉の付け根がこすられるのを感じて、儂は
「あはっ」と声を出してしまった。
「村上さん、どうしました?」
「いえ、何でもないです」
「そうですか、ほらっ」
山下の指が、また、そこを突いた。
「あはっ」出すまいと思っていても、どうしても抑えられない。
山下の指は、執拗に、そこを攻めつづけた。
自分では絶対に触れない、腰の中にある、ちんぽと金玉の付け根を刺激される感触に、ちんぽは最大限に勃起し、雁の先からは先走りが絶え間なく出続けていた。
(いきたい、ちょっとちんぽをこすればーー)
儂は、思わず、床についていた手をちんぽにもっていった。
「コラッ何してるっ」
山下に上からのしかかられ、気づけば、山下の指を尻の穴に入れられたまま、儂の頭は山下の靴で床に押し付けられていた。
「すいません、すいません」
「ばかやろうっ、両手を背中に回せ」
儂は両手を背中に回した。
ガシャと音がした。
(ああ、後手に手錠をかけられてしまった。警官の儂が)
「おらっ、自分の姿をよく見てみろ」
儂は、尻の穴に山下の指を入れられたまま、鏡の前に立たされた。
「今の自分の姿を言ってみろ、ちゃんと言えなかったら、外に放り出すからな、名前と歳からだ」
山下の指は、相変わらず、儂の尻の穴の中をいじり続けている。
「村上彰五、58歳、今、下半身を露出させ、山下様の指で尻の穴の中を可愛がっていただき、ちんぽを勃起させております」
「手はっ」
「はい、両手は後ろで手錠をかけられております。これは山下様の許可無しに射精しようとしたためです。」
山下が指を尻から抜いた。
儂はその場に土下座し、手錠をされたまま、頭を床につけて、山下に許しをこうた。

 儂の目の前に、山下の中指が突き出された。さっきまで、儂の尻の穴を探索していた指だ。
儂はためらわず、口に含みしゃぶった。

「村上さん、また、可愛がってあげましょうか」
「はい、可愛がってください、お願いします」

 山下が椅子に座り、股を広げて言った。
「村上っ」
「はい」
儂は飛んでいって、いつものように、ちんぽをしゃぶった。
「俺の右足の靴と靴下を脱がせろ」
後で足もしゃぶらされるのか、と思い、脱がせた。
次の瞬間、山下の足が、儂のちんぽをこすった。
待ちに待っていた、ちんぽへの刺激である。
山下の足の、親指と人差指がちんぽの竿をはさみ、激しくしごいた。儂はあっという間にのぼりつめ、腰を山下の足の指に押し付け、全身をこわばらせ、精を放った。

そう、儂、村上彰五、58歳、は、後ろ手錠をされ、30以上も若い、山下のちんぽをしゃぶりながら、山下の足の指でちんぽをしごかれ、いってしまったのだ。


「交番日誌(5)完全服従編」に続く



[491へのレス] 無題 投稿者:三郎 投稿日:8/22-07:44
山下巡査のサディストぶりが板についていますが、学生のころや、警官になりたてのころの経験なんでしょうか(自分がやられていたとか) 村上巡査はじつになさけない。けど可愛いです(笑)
これからも楽しみにしています。


[491へのレス] 無題 投稿者:ビッグサムソン 投稿日:8/22-21:11
三郎さん、ありがとうございます。
今度(2,3日後?)短編小説に、「交番日誌」とはちょっと違う、「新聞拡張員の親父と」を投稿するつもりです。読んで下さい。




―next―